revivel~毎日が現実逃避~

読書に映画にGAMEに逃避

雑誌リンネルの付録が便利で可愛すぎる

f:id:lennon522:20210121161211p:plain

 

久しぶりに付録目当てで雑誌を購入。

ティッシュBOXカバーなんですが、ムーミンの可愛さだけでもニンマリなのに、ポケットが両面に6つも付いている。

お陰で小物入れを片付けられた。

それと、ティッシュBOXが2箱入れられるのでいつも予備が下の段にあるという、特に冬は座ったら立ち上がりたくない私にはありがたすぎる。

1250円なので雑誌というより付録のお値段と言う感じですが、このクオリティなら1250円出しても欲しくて、発売日の20日を待って購入してしまった。

 

そんな感じで昨日はウキウキだったけれど、スーパーで買ってきた大根を切ってみると切っても切っても中身が茶色くて、上がっていた気分が落ちちゃってプラスマイナスZEROに。

良い事ばかりは続かないから仕方がない。

 

 

今日はまた大宮のハローワークへ行ってきた。

いつものようにホームを上がって曲がるところでアレ?いつもと違う雰囲気で良く見ると、おにぎり屋さんが閉店になっていてシャッターが降りていた。おにぎり屋さんまでもなの・・と気が滅入る。ハローワークまで歩きながら周囲を気にして見ていると、シャッターが降りているお店が多い事を目の当たりにして怖くなってくる。

 

そうして歩いていたら何度も歩いていたのに今日まで気づかなかった。

f:id:lennon522:20210121164108p:plain

 

へ?銭湯?

私は古い建物が好きでみつけると立ち止まってしまうのだけれど、これはまた何と言うかちょっと一人で入るのは勇気がいる感じ。

 

調べてみたら営業していました。

1件の口コミは星4つ

賑やかな街の中で「よく残ったな」という印象です。木製の昔ながらの扉で、もちろん番台式。脱衣所は「折り上げ格子天井」で、古い木目調のロッカーも残り、籐籠もあるというレトロさです。駅に近く、近代的な駅前とのギャップが激しく、面白いのでオススメ出来ます。

それから、銭湯背景画絵師(いわゆるペンキ絵師)の早川利光氏の富士の画とサインが残っているそうです。日進湯

 

夫が居たら一緒に入りたかったなぁ。

 

帰り道にはポツンとある古本屋さんが、今日は道路にまで本を出していたので立ち止まって「火花」と「邂逅の森」がないかなぁと探すけれど、うーん店内にまで一人で入れなかった。

どこへ行くのも夫と一緒だった20年は、一人歩きが思うようにできない意気地なしが出来上がってしまった。