revivel~毎日が現実逃避~

読書に映画にGAMEに逃避

THE BEATLESを何がきっかけで好きになったのだろう

50年前の1969年8月8日、撮影のためロンドンのEMIレコーディング・
スタジオから出て、隣接するアビイ・ロードにある横断歩道を渡った1枚
 
 
数年前から通勤は苦手な車を運転するという苦痛の日々。
電車なら読書したりスマホゲームをしたりできるけれど、運転は何もできないので時間がもったいないなぁという感覚に陥るのです。
 
ある時、ラジオで映画「イエスタディ」の紹介をしていて、Beatlesの名曲が流れてきたら・・
割り込み車がいてもイライラしないし、運転が気持ちいい!
ことに気づいて、今は通勤時にはBeatlesかJohn・lennonを聞いています。
これも、私流の現実逃避...
 

 

 
で、映画「イエスタディ」は当然すぐに観ました(*≧∪≦)
もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまったとしたら?という面白い設定で、エド・シーランが本人役で出演もしている楽しい映画でした。
そして、ヒロインのリリー・ジェームズがめちゃくちゃキュート♡
 
eiga-yesterday.jpg
 
 
 
Beatlesを知らない人はいないと思うけれど、Beatlesを好きになった人は何をきっかけに好きになったのでしょうね。
 
 
中学1年の終わりの頃。
ある日、クラスのY君が「聞いてみて」と。
アルバムが何だったのかは覚えていない。
教室だったと思うけれど、どんなシチュエーションだったのかも思い出せない。
 
Beatlesが大好きになったキッカケをくれたのがY君だった。
その時はただ、ありがとうだけだったのが・・
確か、中学2年の時だと思う。
林間学校に参加して、夜の自由時間にトランシーバーで遊んでいるとき
生まれて初めての告白を受けた。
 
Y君は、私にはそんな風に見えなかったけれど、ヤンチャというか、不良と言われる男の子だった。
それが理由ではなくて、当時、ワタシには片思いのN君がいたので、笑ってうやむやになったのか・・
それも良く覚えていない。
 
このブログを書くにあたって突然蘇ってきたY君。
どうしているだろう。
甘酸っぱい思い出です。