revivel

時代小説に夢中

池波正太郎「火の国の城」を読んだら、加藤清正にぞっこん

「火の国の城」は、池波正太郎の忍者シリーズ「忍者丹波大介」の続編。 私は知らずに1番最初に「火の国の城」を手に取ってしまったけれど、面白く読めました。 前作の「忍者丹波大介」は、豊臣秀吉の死から関ヶ原合戦までで、「火の国の城」はその5年後から…

「今どきの若い者は」なんて、決して言うまい

メガネを買い足した。 長年、フチの太いタイプを愛用していたけれど、フチなしが良いという意見を頂いた。 もう少し丸いフレームにしようか、なんてことは思っていたけれど、何はともあれ試してみることにした。 そして先日、お手頃価格のzoffへ行った。 結…

藤沢周平の短編集「夜消える」の(踊る手)は教科書に載せたい

藤沢周平と言ったら、多くの作品が映画にもドラマにもなっているので、知らない人はいないと思う。 映画だけでも 「たそがれ清兵衛」(2002年 配給:松竹 監督:山田洋次 出演:真田広之、宮沢りえ)「隠し剣 鬼の爪」(2004年 配給:松竹 監督:山田洋次 出…

私の時代小説作家

2021年4月、宇江佐真理の短編集「深川恋物語」から始まった時代小説愛。 前回も書いたが、宇江佐真理を読みつくしてしまう前に、他の作家を探して山本周五郎をみつける。 この2人の作家を読んでいるうちに、澤田ふじ子、北原亜以子も読むようになる。 2021年…

心揺さぶられた、山本周五郎「さぶ」

宇江佐真理の時代小説にハマって、次々に読んでいて不安になった。 それは、また読みつくしてしまったらどうしよう。 あとに読めるものを確保しておきたいと、そわそわ。 そして、他の作家で時代小説を探そうとネットで調べたら、”不朽の名作””時代小説の金…

時代小説にのめり込んだきっかけの作品は、宇江佐真理の「深川恋物語」

1年半振りの更新になります。 その1年半前の記事にも、さらっと紹介したのですが、改めて、読んだ本を記録に残そうと思いました。 深川を舞台にした、市井の人々の切ない想いを描く、珠玉の短編集。 第21回吉川英治文学新人賞候補作。 単なる恋愛ものでは…

本が面白すぎてあっという間の1か月半

せっかくの電車通勤なので、本を読まなければもったいない。 そう思って、自分の本棚から取り出した2冊。 田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」 2003年に妻夫木聡と池脇千鶴主演で映画化されてたけど、去年はアニメ映画になっていたから、もう1回読んでみたくなっ…

通勤電車であれこれ考えるの巻き

5年ぶりに大阪以来の電車通勤をしている。 すごく目についたのが、リュックを前に背負う(前だから背負うとは言わないかな)人、人、人。 電車に乗るとき、リュックは前に抱えるって知っていましたか? 5年前まで大阪で電車通勤をしていたけれど、リュックを…

パワーハラスメントは慣れてしまうものなのか

4か月半ぶりに仕事復帰します。 体も頭も、ゆっくりし過ぎてしまって、戻れるのかしらん。 これ程のんびりした時間はコロナのせいでもある。 人生でこんなに、ゆっくり時間を取れたことは初めてなのに、友達に会っておしゃべりを楽しむことも、旅行もできな…

大宮で道に迷ったら、女子高生が優しくてハグしたくなった

確定申告の相談で、さいたまスーパーアリーナへ行ってきた。 確定申告で、さいたまスーパーアリーナ。 「うっせぇ、うっせぇ、うっせぇわー」を歌うAdoさんは、将来の夢が”さいたまスーパーアリーナでコンサートをしたい”って、今朝のTV番組で言っていた。 …

「邂逅の森」を読んで、もののけ姫の世界が蘇った(追記)

今回「邂逅の森」もブロガーさんの影響で手に取ってみた一冊。 この数年は自分に読む体力というか、気力と言うものが失われていたため、小説らしい本は読めていなかった。 先日の「火花」と一緒に古本屋で買い求めたが、実は「邂逅の森」は手に取ってみると…

Zoomで研修とグループワークを初体験した

私の仕事は研修がつきもので、資格も既定の研修を受けないと更新ができないという、地位の低い資格となっている。反して合格率は低く、昨年2020年は17.7%だった。国はケアマネジャーを無くそうとしているとしか思えないな。 いけない、不満爆裂になってしま…

又吉直樹様、今頃「火花」を読みました

偶然かな、花火の栞がついていた 賞を取っている作品はどういうわけか手が伸びない傾向なのです。いつか読めるだろうと思いつつ受賞から6年目にして、ブロガーさんの影響で読む機会を得られました。 古本屋さんで買った文庫本はとても綺麗で、付いていた栞…

電気屋の店員さんの神対応に、対面は必要であるということ

読者登録をさせてもらっている「somewereborntosingtheblues」さんの記事を読んで、そうだ!私も嬉しかったあの店員さんのことを書いておこうと思った。 somewereborntosingtheblues.hatenablog.com 仕事上どうしても受けないといけない研修がある。コロナの…

【読書歴】初めての文庫本は、壺井栄の「二十四の瞳」だった

最初に文庫本を手に取ったのが小学5~6年生のとき。 家に一人きりで時間を持て余していた時に、ふと目についた文庫本。 母が本好きだったので、母のものだったのか。 何となく手に取ってみた文庫本が、壺井栄の「二十四の瞳」だったのだ。 引き込まれて一気…

映画「ラビング 愛という名前のふたり」を観て、アメリカの歴史を変えられるのは愛しかないということ

久しぶりにプライムビデオで映画を探した。 特にこれっ!というのがなく、迷って決めた映画だったけれど、なぜ、今まで私はこの映画を知らなかったのだ。 gaga.ne.jp タイトルが良くないのではないか?(原題はLoving)主人公夫婦の苗字がラビングで、確かに…

バスの運転手さん、「大声を控えてください」とアナウンスをありがとう

記事内容と写真は関係ありません いよいよ一都三県に緊急事態宣言が発令された。 発令される前日に私は所用(面接)で、また大宮へ出かけていた。 駅からバスに乗ってまもなく、40歳前後のサラリーマンが3人乗り込んできた。 え?中学生? と思うくらいの…

引っ越しで思い切り断捨離をしたのに、鬼滅の刃全23巻を大人買いしてしまった

長年、捨てられなかった文庫本やコミックスたち。 今回の引っ越しでは思いきった断捨離の対象として、200冊くらいが消えた。 ネットで引き取ってくれるところを探して、段ボール箱2箱を送った。 重い段ボール箱を運ぶことを考えると、配送のお兄さんが取りに…

ヤマ場も戦場シーンもまったくないのに、泣き過ぎた反戦映画「TAKING CHANCE」

アマゾンプライムのリストをざっと眺めて目についたのが、凛々しい姿で映っているケビン・ベーコン主演の「TAKING CHANCE」。 紹介文はと言うと イラクで戦死した19歳の海軍兵士の遺体を自宅まで護衛するという任務に 志願した主人公は、任務後に人生を一変…

映画「ブランカとギター弾き」を観て血の繋がりも何もないところでの絆の強さに心打たれる

夜10時半、観たいテレビもない、寝るにはちょっと早い。 アマゾンプライムで映画でも観ようかなと探してみた。 ウォッチリストに登録しておいた映画が、今は観たい気分ではない。 最近やたら眠たくてできれば0時には寝たい。 で、みつけたのが上映時間77分の…

はてなブログにアイコンを設定してみよう

無料のアイコン素材を探す アイコンをダウンロードしよう ダウンロードしたアイコンが見つからなかったら はてなブログで設定する ブログを開いて確認してみよう 無料のアイコン素材を探す 2つのサイトをご紹介します。 どちらも会員登録などなくて使いやす…

映画「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」を観て、やはり人種差別問題は教育が大切

子どもは物心つくときに、人を差別することはないはず。 近くの誰かが差別している言動をみたり、教えられて育つことが問題なんだと思っていた。 この映画は、それを証明してくれた。 奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ 奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ (字幕版) 発…

BEATLESが解散した4月10日に、レット・イット・ビーを聴く

1970年4月10日がBEATLESの事実上の解散日とされています。BEATLESの解散については、「ビートルズの解散問題」としてWikipediaにもあるようにいろんな問題があったようです。ファンとしてはあまり嬉しくない内容だし、真実はわからないし。

ペイントで画像を軽くしてブログの読み込みをサクサクにしてみる

※初心者さま向けです スマホ画像そのままでは2M(メガバイト) ・スマホの機種や設定にもよるけれど、そのままアップすると大変な容量になってしまう。 ・私はiPhoneですが1枚の写真が2M!!! ・これを多用すると・・こわいですね Windows付属のペイント…

どんな時にも人生には意味がある:「夜と霧」ヴィクトール・E・フランクル

志村けんさん、ありがとう 志村けんさんは回復して元気に会見するイメージしか持っていなかったので、かなりショッキングで動揺しています。 踏ん張らなければ。 食い止めなければ。 ブログ更新 同じはてなブロガーのまりさんの言葉 「でも、桜はまた来年も…

はてなブログ:軽いSNSボタンにカスタマイズしてみた

はてブ!とかTwitterとかfacebookのイイネとか。SNSボタンを軽くしてみたので記します。なぜカスタマイズを思い立ったかと言うと、ブログが重くて表示されるのに時間がかかっていることが気になってしまった。

ジョン!世界を救って!イマジンを歌おう

ジョン・レノンloveのレノンです。今朝、飛び込んできたTVニュース。女優のガル・ガドットさんがインスタグラムで、ジョン・レノンの名曲、「イマジン」を歌う動画を配信。やっぱり、世界を救えるのはジョン・レノンしかいないんだ。

負けず嫌いが人生の転機になった話し②

実際にギャフンという人はいないらしいけど・・・『1週間で辞める』と言われた私は、次の日から毎朝1番に満面の笑みでKさんの部屋へ挨拶に行った。と言っても、また何を言われるだろうと緊張して、ドアをノックする前に深呼吸をして「よし!」と自分に喝を…

負けず嫌いが人生の転機になった話し①

看護師として総合病院に勤務して、救急外来や病棟の夜勤で死ぬかと思うほどの忙しさに疲れ果てていた日々。障がい者施設で働くようになって

マット・デイモン出演のおすすめ映画:勝手にBEST5!

あれ?マットさま・・って、日本で流行りのマットを連想しないでね。 大好きなマット・デイモンの主演映画を5つ選んでみました。 完全に個人的な視点で選んだ5作品ですが、どれもヒット作なので順位をつけるのは難しい。 マット・デイモン これは2016年に公…