revivel~毎日が現実逃避~

読書に映画にGAMEに逃避

本が面白すぎてあっという間の1か月半

f:id:lennon522:20210424202115p:plain

 

せっかくの電車通勤なので、本を読まなければもったいない。

そう思って、自分の本棚から取り出した2冊。

 

田辺聖子ジョゼと虎と魚たち

2003年に妻夫木聡池脇千鶴主演で映画化されてたけど、去年はアニメ映画になっていたから、もう1回読んでみたくなった。

大好きでそばに居てほしいのに、「来ていらん!」と言ってしまう、そう言うしかないジョゼの大阪弁に涙腺がゆるんでしまう切ないストーリィ。

 

向田邦子「あ・うん」

これも大好きな1冊だけど、昭和初期は、夫が何かにつけて妻の頬を叩くシーンが気になった。今だったらDVだ。親友の妻を愛してしまった男の、印象に残るセリフ。「人間なんてものは、いろんな気持ち隠して生きてるよ。腹断ち割って、はらわたさらけ出されたら赤面して、顔上げて表歩けなくなるようなもの、抱えて暮らしてるよ。自分で自分の気持ちにふたして、知らん顔して、なし崩しに、ごまかして生きてるよ。」

 

 

  思い出して泣きながら歩く駅への往復。

  マスクが涙を隠してくれるからへっちゃら。

 

何故だかわからないけれど、「あ・うん」を読んでから歩きながらの涙がなくなってきた。

 

 

仕事中に図書館の近くを良く通るので、今度は図書館で借りることにした。

学生以来だから何十年ぶりだ。

電車の中で読むので、ブックカバーを探したら出てきた。大阪時代に買って使っていたお気に入りのブックカバー。

f:id:lennon522:20210420072711p:plain

当時、白文鳥を飼っていたから、このブックカバーを見つけた時の嬉しさったらなかった。しおり紐が皮で、今見ても素敵だ。

 

で、最初に借りた本が3冊。

宇江佐真理「深川恋物語

私にとって初の作者さん。お財布がいたまないからかな、冒険ができたのは。

何となく目に付いて時代小説が読みたくなって、すっかりハマってしまいその後も借り続けている。

江戸深川を舞台にした切ない物語6篇。切なさの中にじんわり温かいものと、江戸の気風のいいセリフもお気に入り。

 

熊谷達也「相剋の森」

マタギの物語りである「邂逅の森」の少し前に書かれた作品。「邂逅の森」は大正時代であったが、「相剋の森」は現代。これがまた凄く面白くてまいっちゃった。「邂逅の森」を読んだ人なら中盤で、繫がりに「はっ!」としてしまう。これで当分は熊谷達也を読み漁りそう。

 

相剋の森 (集英社文庫)

相剋の森 (集英社文庫)

  • 作者:熊谷 達也
  • 発売日: 2006/11/17
  • メディア: 文庫
 

 

 

浅田 次郎「月下の恋

短編集11篇。読みやすく面白いと思う。でも、でも、私には理解できないラストが多くてモヤモヤMAX。読んだ人に聞いてみたい。最初の「情夜」、ラストは妄想なの?本当に訪れたの?そして「黒い森」、これはあんまりだ。面倒になって途中で止めちゃったの?という終わり方。良く分からない感じが良いという人もいるのだろうけれど、繊細さに欠けている私にはガッカリ感の方が大きかった。

 

 

その次に借りたのが4冊。

熊谷達也山背郷」

戦前戦後の東北を舞台に、厳しい自然を相手に命がけの仕事をする男たちの短編集9編。仕事のプロなんて生易しい、命を懸けた真剣勝負。自然と生き物の描写に引き込まれて一気に読んでしまう。オオカミの話では、重要なところで駅に付いちゃって、気になって気になってお昼もそこそこに昼休みに続きを読んだ。

 

熊谷達也「調律師」

ピアノの音に匂いや色を感じるという「共感覚」を持ったピアノ調律師の物語。後半の転調に驚くが、東北に住む作者が執筆中に東北大震災に遭っていたことを知り納得した。

 

調律師 (文春文庫)

調律師 (文春文庫)

  • 作者:熊谷 達也
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 文庫
 

 

 

宇江佐真理「おはぐろとんぼ江戸人情堀物語」

江戸下町を舞台に、貧しい中でも一生懸命に生きる人々を描く短編集6篇。

ホロっとくるのに、後味がよくてまた読みたくなる。

 

宇江佐真理雷桜

赤ちゃんのときに誘拐され山で育てられた村の庄屋の娘「遊」と、お殿様との恋のお話。わずかな一時の恋が2人の人生を支える。この時代ではどうしようもなくて、2人の強い想いが切なくて愛おしい。ラスト、家臣の榎戸のセリフに泣かされる。

ぜひ読んでほしい作品です。

映画化されたみたいだけど、かなり端折ってあるようで観る気になれない。

 

 

そしてまた借りたのが、熊谷達也2作品と宇江佐真理2作品。

現在、読んでいる最中。

 

長々と失礼しました。

とにかく本が面白くて困っちゃう。それをうまく伝えられないもどかしさにも困っちゃう。

 

お仕事は居心地が良くて、毎日のようにおやつを両脇の同僚からいただき、体重計が気になっているのでした。

 

通勤電車であれこれ考えるの巻き

f:id:lennon522:20210306005308p:plain

5年ぶりに大阪以来の電車通勤をしている。

すごく目についたのが、リュックを前に背負う(前だから背負うとは言わないかな)人、人、人。

 

電車に乗るとき、リュックは前に抱えるって知っていましたか?

5年前まで大阪で電車通勤をしていたけれど、リュックを前に抱えている人は見かけなかったような気がする。

どうもその後くらい、2018年の電車内「迷惑行為」の1位が、リュックだったみたい。

それで、駅のホームでも「リュックは前に」とアナウンスが流れるようになったようです。

f:id:lennon522:20210313154846p:plain

Myリュックを撮るための、アクセントのぬいぐるみが気になるタロー

 

私はと言うと、前に書いた3日職場で”仕事用バッグはリュック”と指定されて、amazonで購入したから持っている。いちいち前に抱えるのが面倒で、電車に乗るときは手に持つようにしている。

 

それにしてもリュックの人が多い。

学生から、サラリーマンから、おばあちゃんまで、とにかくリュック率が高い。

ふ~む、なぜだ?

ホーム、電車の中でそんなことばかり考えてしまう。

 

良く見ていると、高校生のリュックは凄い。何が入っているのか、パンパンに人一人分位はありそうな膨らみ具合。これは「迷惑行為」と言われても仕方がないなぁと思った。

でも、どうして皆がリュック?

私が学生の頃は皮の学生カバンだったぞ。

リュックと言ったら、遠足か登山くらいのイメージなのだ。

 

そうか、時代は変わったのだ。

でも、サラリーマンまでリュックは何故だ。

 

ホームを眺めていると、みーーーんなスマホ見ながら歩いているか電車を待っている。

これだな、スマホ持つのにリュックは両手が空くもの。

私も前はそうだった。スマホゲームを今年1月末で卒業した今は、スマホをほとんど見ないので人を眺めては妄想したりしている。

f:id:lennon522:20210313161211p:plain

駅のホームで見つけたベンチ

ある朝のこと。

f:id:lennon522:20210313161557p:plain

 

たまたま女性専用車に乗った直後、男性発見!

不思議なもので、女性の中に男性がいると「アレ?」とわかるのですね。

みんなスマホを見ているので、気付いた人は何人いるのか。

当の40代くらいの男性も、スマホを見ているので恐らく女性専用車に乗ってしまったことに気付いてない様子。

 

気付かないまま到着することをお祈りします。

万一、気付いてしまったときの男性の心境を考えると・・・

(-人-)

 

 

 

 

Googleで初めて知った、日本の偉人「桂マサ子」

f:id:lennon522:20210307104100p:plain

今日のGoogle Doodle(桂マサ子を称えて)

今朝、Googleを開いたらこの画だった。

「桂マサ子」???

初めて聞いたお名前なので、調べてみた。

桂マサ子(かつら まさこ、1913年 - 1995年)は、日本出身でアメリカで活躍したビリヤード選手。「ビリヤード界のファーストレディ」とも呼ばれた。桂は、当時極度の男性社会であったプロビリヤード界に女性が進出する先駆けとなった。桂は世界トーナメントに出場した初の女性となった。by Wikipedia

なにぃ、日本女性やるなぁ。

日本で称えてくれたことはあるのだろうか、Googleもやってくれるなぁ。

ググってみたけれど、Googleが「桂マサ子」さんを称えてに関しての記事やYouTubeくらいしかHitしない。

ドラマや映画にしてほしいくらいである。

 

ググっていたら、「まいり」というサイトを発見。

なんと、故人をお参りできるサイトで、三浦春馬さんのページにはたくさんのお悔やみが。

登録もできるので、夫を登録しようと思ったら「誰でもご登録いただけるサイトを現在準備中です。」とありました。

それはそうですね、パンクしちゃう。

お線香やお花もあげられるの。

 

当然、ジョン・レノンのページへ。

mairi.me

 

「桂マサ子」さんとGoogleのおかげで思いがけないサイトに出会えました。

パワーハラスメントは慣れてしまうものなのか

f:id:lennon522:20210224094612p:plain

4か月半ぶりに仕事復帰します。

体も頭も、ゆっくりし過ぎてしまって、戻れるのかしらん。

これ程のんびりした時間はコロナのせいでもある。

人生でこんなに、ゆっくり時間を取れたことは初めてなのに、友達に会っておしゃべりを楽しむことも、旅行もできないのだから。

 

恥ずかしいお話しをしちゃいます。

何もしないで家に閉じこもるのが怖かったので、引っ越しが落ち着いたらすぐに復職したかった。

タイミングよく、条件が良い職場から、「是非に」と言ってもらったので、12月に新しい職場へ就職したのでした。

 

先週のお題「告白します」でアップするつもりが遅くなっちゃった。

 

実は、3日で辞めちゃった。

 

人生で初めて!

3日で辞めてしまうなんて!

 

正確には、月曜から出勤して、土曜出勤の代休で4日目の木曜が休みだった。勤務4日目になるはずだった金曜日の朝に退職の希望を伝えた。

4日目が休みだったから考える時間を作れてしまったのだ。4日目が休みでなかったら続けていたのだろうか。

利用者の引き継ぎ訪問が始まってしまう前の今しかない!と、布団の中でもんもんとしながら夜中に決心した。

 

その職場は、大きな法人でいくつかの市で施設を運営し、私が勤務した施設は開設して5年位の比較的新しいところ。ケアマネジャーの部署は私を入れて5人。そのうち1名はケアマネジャーを兼務した管理者である。

面接ではその管理者が是非にと望んでくれた。

勤務初日から、管理者と一緒に地域の関係機関へ同行訪問をした。同行の車の中ですぐに始まった話は、部署内のケアマネジャーMさんについて。要は、仕事ができないということを繰り返し、困っていると。

私が管理者経験があるため、聞いてほしいのだと思って親身に聞いていた。

そのMさんは私の隣の席であったが、電話応対などを聞いていても、そこまで酷いようには見えない。そして、Mさんが何をしていても、その管理者は「Mさん、それはどういうこと?どうして、そういう対応をしたの?!」と1日中、叱責している。ちなみにMさんは管理者より年齢は上である。Mさんは、「すみません、気を付けます。」と1日中謝っており、みんなの前で何度も問い詰められて、委縮してしまって返答ができなくなっている。

事務所は薄いついたて1枚で仕切られているだけで、ついたての向こうには、施設長も含めて他の部署の職員が10名くらい居る。丸聞こえだ。

他2名のケアマネジャーは新人で、ここの管理者の指導で育っているため、「素直で仕事もできる」と可愛がっている。

2日目もMさんの不満を同行の車の中でずっと訴えていた。そして、新人2名をAさん、Bさんとしておく。管理者が突然、「お米に例えると、Aさんが『白米』で、Bさんは『もち米』なんだよね。白米は万人に愛され、もち米も違った味だけど万人に愛されている。Mさんは『サフラン米』で、美味しいけど毎日は食べたくない。」と。

続けて、「Aさんは「お水」で、Bさんは「麦茶」、Mさんは「苦瓜茶」なんだよね」

まったく意味不明。

私が言えたことは、「管理者は何米ですか?」(これには「わからない」と答えていた)

どう終わらせたらよいのだ。「じゃぁ、私を五穀米とか言わないでくださいね」と話を終わりにした。

この聞きたくない話は、管理者が困っていて多少の経験がある私に向けての相談だと思い、私としてはMさんのフォローをしていこうと考えていた。

ところが、夕方になって新人2名が戻ってきたら、私に話していたサフラン米と苦瓜茶の話を新人2名に話し出して、笑っているのだ。

 

管理者として、これどうよ。

 

この管理者は施設の開設時に就職し、ケアマネジャーの経験があるため、当たり前であるが制度については当然詳しい。これまで牽引してきたという自信が、変なパワーを持ってしまったのではないかと思う。そして、周囲も完全に感覚が麻痺してしまっている。

 

この誤ったパワーの軌道修正を、私にできるのか、今の私には無理だ。

情けないけれど、夫の後ろ盾があったから、仕事に関しては突き進んでこられたことを知ってしまった。後ろ盾と言っても、話を聞いてもらって、間違っていないと背中を押してもらうだけだけど。大きな支えだった。

 

勤務4日目の朝、相談したいことがあると、施設長と管理者に伝え、それぞれ別室で退職の意向を伝えた。

施設長は、「どうして。経験もある方なのに」と言うため、「経験があるが故だと思います。管理者のMさんに対しての言動が行き過ぎで、居たたまれないので退職を決心しました。」と。

施設長は、「それは私も気づいてはいたが、開設当初から今まで頑張ってくれているのでね」と。

管理者にも同じように、「Mさんへの言動は行き過ぎていて、居たたまれない。対象がいつ私になるかもわからないので、申し訳ないが退職を決めました。」と。

 

そして私は、もう慌てて就職先を決めることはやめて、4か月半も経ってしまった。

 

 

 

f:id:lennon522:20210228174622p:plain

タローとずっと一緒にいたけれど、これから日中はひとりぼっちになってしまうので、今日は足を延ばして遠い公園へ散歩してきた。

 

今度は3日で辞めることがないといいんだけど。

 

生活が慣れるまで、更新やコメントが滞るかと思います。

大宮で道に迷ったら、女子高生が優しくてハグしたくなった

f:id:lennon522:20210225231849p:plain

確定申告の相談で、さいたまスーパーアリーナへ行ってきた。

確定申告で、さいたまスーパーアリーナ

 

「うっせぇ、うっせぇ、うっせぇわー」を歌うAdoさんは、将来の夢が”さいたまスーパーアリーナでコンサートをしたい”って、今朝のTV番組で言っていた。

そんな、夢のさいたまスーパーアリーナで確定申告。

さいたま市、凄いな。

さいたま新都心駅で降りて、徒歩5分と言うスーパーアリーナの方向へ向かっていたが、右側に見えるけれど降り口が分からない。

LINEで事前申し込みをしており、予約時間が迫っていた。適当に階段を降りようとしたら、少し先に女子高生がいたので「すみませーん、スーパーアリーナはこっちで合ってる?」と聞いてみた。

 

「一緒に行きましょうか?」

 

(えええーーー!なんて優しい子なの)

降りていた階段を戻って来てくれるではないか。

申し訳ないので、方角を聞いてお礼を言って別れた。

 

こころが潤ってくる。

元気になって普通に生活できているけれど、カラッカラだったこころに潤いをくれた。

ありがとう。

 

 

f:id:lennon522:20210225234609p:plain

無事に着きました。

こんなにどでかい所で確定申告。(しつこい)

 

この数年は医療費が莫大だったので確定申告で還付金があった。

令和2年度は10月途中で退職していたので、年末調整もしていなかった。よって、収入も少なくなっていたし還付金があると思い、国税庁 確定申告書等作成コーナーでいつものように自分で作成した。

ところが、2900円の税金を支払う計算になったのだ。

2900円て、払えない額ではないけれど、腑に落ちない。

そのために、さいたまスーパーアリーナまで相談に来たのである。

 

担当になった税理士さんが、これまた優しかった。

「辛いことを聞いてごめんなさいね、必要以上のことは聞きませんからね。」と、とても配慮してくれて、専門書で調べたり他の税理士さんに聞いてきたりしてくれて。

90万円位の控除されるものが抜けていたのだ。

 

人と関わることで辛くなることもあるけれど、人の力ってやっぱり凄い。

 

還付金も予想以上にあったこともあるけれど。

 

いい日だったなぁ。

ハグしたかったなぁ。

 

「邂逅の森」を読んで、もののけ姫の世界が蘇った(追記)

 

今回「邂逅の森」もブロガーさんの影響で手に取ってみた一冊。

この数年は自分に読む体力というか、気力と言うものが失われていたため、小説らしい本は読めていなかった。

先日の「火花」と一緒に古本屋で買い求めたが、実は「邂逅の森」は手に取ってみると厚かったので躊躇した。今の自分に、これだけの本が読み切れるのか?(いま測ってみたら2cmあった)

やめておこうかと考えながら、裏表紙を見た瞬間に買うことを決めた。

なんと、解説が田辺聖子さん。

読む運命だ。

ほとんどを読んでしまった私にとって、田辺聖子さんの文章を新たに読める発見に嬉しくて仕方がない。

 

f:id:lennon522:20210217164803p:plain

 田辺聖子さんの解説は、次のようにあった。

私は、人生の終わりちかく、幸運にも、それらと、文字通り「邂逅」した。

本書の「邂逅の森」にめぐりあえて、よかった。私はこの小説によって、親愛なる狩人、マタギたちの人生や、東北の地の雪、氷、嵐、アオシシ(ニホンカモシカ)や熊の体臭、咆哮を、身近に感ずることができた。

書物(ほん)は尊むべきかな。

活字の伝えるいのちの何という威力(ちから)。

 これは一部であるが、もうこれだけで十分に読みたくなるでしょうし、私が感想を述べるまでもない。

 

<紹介文>

秋田の貧しい小作農に生まれた富治は、伝統のマタギを生業とし、獣を狩る喜びを知るが、地主の一人娘と恋に落ち、村を追われる。鉱山で働くものの山と狩猟への思いは断ち切れず、再びマタギとして生きる。失われつつある日本の風土を克明に描いて、直木賞山本周五郎賞を史上初めてダブル受賞した感動巨編。

読み進めると、 2cmの厚さは一切感じられず読めてしまった。

「邂逅の森」はマタギとして生きる、松橋富治の一生であるが、そこには大自然と、獣の世界がある。富治のように厳しい地に生まれ、生きるために代々マタギを生業にするしかないマタギ

マタギとは、熊を狩る人だと思っていたが、熊に限らず、アオシシ(ニホンカモシカ)、オコジョ、テン、タヌキなど小動物まで食べていくために狩っていた。山間部の農地も持てない者は、山の恵みでマタギを育ててきた。獣の肉を乾燥させて、厳しい冬を越すのである。

特にアオシシは肉が旨く、毛皮としてこれ以上のものはなく重宝された。

しかし、第一次世界大戦の勃発により、日本は毛皮の輸出国となり、日本軍のシベリア出兵で、軍部は毛皮収集に乗り出し毛皮価格が高騰。

マタギではないものがこぞって山へと繰り出すようになる。

本物のマタギは、必要以上の獲物は獲らないという山の掟を守り、山の神様のたたりを恐れさまざまな祈りをしている。

 

ニホンカモシカをアオシシと聞いて、思い出したのが「もののけ姫」のシシ神さま。シシ神さまも、ニホンカモシカがモデルのようです。

富治はマタギの辞め時に悩み、ラストは山の主である化け物のような熊と死闘を繰り広げる。

大自然と、獣。

人間との共存のバランスの難しさ。

私の中では完全に、「もののけ姫」の世界が蘇ってきてしまった。

 

最近ではエサを求めて、熊が人の暮らす場所へ降りてきているニュースを良く聞く。

ちなみに、最後のマタギは佐藤良蔵氏。

2009年(平成21年)春、二連発銃を地元北秋田警察署に返納し、200年続いた伝統的な狩猟文化は姿を消した。

blog.goo.ne.jp

 

秋田の方言が良く、異世界マタギの暮らしはとても興味深く面白かった。

念のため、R指定です。

 

2021/3/7追記

私のこの記事を、記者さんをしていらした文章を書くプロのくーさまが、ご自身のブログで紹介してくださいました。

くーさまのブログ名は、「ことばを食する」。

くーさまから放たれた文字たちは、それはそれは美しく、うっとりしてしまいます。

そんな美しいことば達に囲まれて、この記事が紹介されて感無量です。

www.whitepapers.blog

 

 

Zoomで研修とグループワークを初体験した

ちなみにこの画像は、2021/2/16に、はてなブログ開発ブログで紹介されていた、「記事編集画面内で、誰でも簡単に「アイキャッチ画像」を作れるようにしました」を参考に無料で利用しています。

私の仕事は研修がつきもので、資格も既定の研修を受けないと更新ができないという、地位の低い資格となっている。反して合格率は低く、昨年2020年は17.7%だった。国はケアマネジャーを無くそうとしているとしか思えないな。

いけない、不満爆裂になってしまうのでこの辺で止めておきます。

Zoomについて

今やWEB会議ツールの代名詞となっており、「Web会議システム」の利用シェアは「Zoom」35%、「Skype」18%、「Microsoft Teams」18%(2020年5月)となっている。

また、ZoomやGoogle Meetの場合、アカウント登録は主催者のみで良いので、参加するだけならアカウントの登録が必要ない。

 Zoomミーティングとチャット

そう言えば、前の職場では毎日、全部署から当番が参加してちょっとしたミーティングがあった。そこで配布資料をみた隣の同僚がひそひそ話で「200mってなあに?」と聞いてきた。耳で聞くと、へ?何のこと?と思うが、資料の文字をみて笑いをこらえるのが大変だったなんてことがあった。

インストール、設定が簡単だった

 ネットで探した「使い方」の通りにしてみたら、いくつかの手順で簡単にできてしまった。

できてしまったというのは、PCに自分が写っている。

今回の研修は必須ではないので、実際にインストールをしてみて上手くいったら参加してみようと思っていた。

離職をしてもう4か月になるので、仕事復帰するためのウォーミングアップと言うか何というか。それに、これからは恐らくこういったオンライン会議が増えていくであろうから、慣れておかなければというのもあった。

私が参考にさせてもらったサイト

www.sedesign.co.jp

Zoomで研修参加とグループワーク

 4か月も仕事を離れていると、自信もなくなっているし、グループワークとか緊張するな、気が重いなぁと、自分で決めたのに直前までうだうだしていた。

最初は戸惑ったものの、研修はオンラインでも問題なくできた。講義中は参加者はミュートになっているので、質問なんかも簡単にチャットでできたりする。

グループワークは5名程度のグループに分かれ、普通に会話ができた。記録はホワイトボードを利用して全員が記録を見ることもできる。

Zoomを使った感想

Zoomというものが、こんなに簡単にオンライン会議ができることがわかったので、今後はいろんな場面で活用ができそうである。

自宅の場合は家の中が写ってしまうが、背景を選べる機能もあるので心配がない。

それより、オンラインは自分の顔が写っているので、自分の表情に気を付けるので良いかもしれない。他の方を見ていると、やはり笑顔は見ていて感じが良い。

 

そうは言っても、このまま世の中がオンラインばかりになってしまうのかという怖さも感じるのが本当。

これまでの普通が普通じゃなくなって、どうなっていくのか。