revivel~毎日が現実逃避~

読書に映画にGAMEにBeatlesが大好き

関東のスーパーに薄口しょう油1リットルを並べたい野望

昨日のテレビ番組「ケンミンSHOW」で、関東と関西の食の違いをやっていた。

www.ytv.co.jp

関東出身の私は大阪に16年暮らし、夫が関西人(伊丹出身の八尾住み)だったので食事に関しての変化がとても大きかった。

「ケンミンSHOW」で、大阪で”たぬきうどん”を注文するとどうなるか?

蕎麦に油揚げがのったものが出てくる。正確には”たぬきうどん”は存在しない。天かす(揚げ玉)は無料で好きなだけトッピングできるので、素うどんを頼んで自分で天かすを入れれば関東で言う”たぬきうどん”の完成である。

大阪に暮らし始めたころ、定食屋さんの入り口近くにあった食品サンプルのメニューを見ていた私は、関東で言う”きつね蕎麦”に「たぬき」と書かれていたので、「やだ、”たぬき”だって!間違ってる~」と夫に言ったら不思議そうな顔で「間違うてへん」と教えてもらった。

ネギも然り。大阪では青ネギが一般的で白ネギを食べる習慣がない。大阪時代に白ネギを食べたことはなかった。関東のスーパーでは青ネギを探すのが大変なのだ。”小ネギ”と言われる細ーーいネギか九条ネギがあれば良い方。うどんやお好み焼きは青ネギでなければ美味しくない。すっかり私の口は関西になってしまっている。

だいたい、関東でうどんを食べる習慣がなかった。うどんを食べるとしたら、せいぜい”赤いきつね”くらいだった。ところが大阪で暮らすようになって(と言うか夫と暮らすようになって)、どれだけ”うどん”を食べるようになったかしれない。しかも”うどんつゆ”は自分で作るのが一番美味しいだなんて昔の自分では考えられない。

出汁の取り方とかお好み焼きの作り方とか夫に教えてもらって、イカも自分で内臓を出して調理するなんてことも覚えた。The大阪”お好み焼き”はついに習得して、どこのお店で食べるより美味しい。(ちなみに大阪の家ではみんな自分の家のお好み焼きが一番美味しいと言っているw)

友人が大阪観光に来た時に、有名なお好み焼き店”ぼてぢゅう”でお好み焼きを食べたけれど、お値段も張るし小さいし、味もふ~~んだった私は、家に帰るなり「今日はお好み焼きを食べなおす」と作り出した私を見て夫が驚いていた。

 

f:id:lennon522:20210115142342g:plain



で、私がスーパーになくて今一番困っているもの。

お好み焼き用の豚バラ、お好み焼き用の紅ショウガが売っていないからではない。それは自分で切ったりして代用できる。

青ネギもかなり困っているが、何とか九条ネギとかで代用できる。

 

これこれ、薄口しょう油

ああ、懐かしのヒガシマル醤油よ。

ネットでは15本セットとか、そんなん。

 

近くのスーパー3件では売っていても、キッコーマンの200mlとか500mlとか割高なものが隅の方にちょっとだけある。

普通に1リットルサイズが並んでいない。

うどん出汁、煮物の出汁、おでん出汁、お好み焼きの出汁、だし巻き玉子、ほとんどの料理に薄口しょう油が必要なのに。

 

目分量で作っているからちゃんと載せられないのが残念だけど

<基本>

  • 出汁(かつお+いりこ)インスタントの粉末でもOK
  • 砂糖少々
  • 薄口(大匙で適当に味見して)
  • 塩(最後に味を調える)・・南の極み 天日塩 が美味しい

 これを基本に、うどんつゆ・鍋用つゆ・おでんつゆetc

 

関東の皆さん、ぜひぜひ、薄口しょう油でお料理をしてみてください。美味しくなること間違いなし。嘘じゃない、本当に。今までのしょう油を薄口に変えてみたら人生バラ色に。

 

そうすれば関東のスーパーに薄口しょう油1リットルが並ぶ日もやってくる。

 

関東で薄口しょうゆがメジャーになる日を待ち望む日々(-人-)

 

田辺聖子さんに救われて、誰かを笑顔にしていける大人に近づきたい

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

「大人」を調べてみると。

「大人」は基本的には成長した人、ということであるが、単に年齢や身体の状態だけに着目して言うのか、精神状態にも着目するのか、という違いによって「大人」の意味内容が異なることになる。

「大人らしい」「大人っぽい」と言うと、精神状態や「ものの見方」が大人になっている、という意味である。「子供くさい」や「子供っぽい」と対比的に用いられる。Wikipediaより

 

f:id:lennon522:20210113111942p:plain

私は一親等を亡くした経験がなかった。

早い時期に親を亡くした経験をしている友人などがいたので、私は幸せなのだと思っていた。しかし、昨年とうとう一番近かった夫を亡くすという経験をして、私は私ではなくなったという感覚がある。これがちょっとは大人になったということなのではないかと言う気がしている。

 

どう「大人」なのだ?と問われると難しいが、イライラしたり怒るという感情が無くなってしまったみたい。かと言って、どうでも良いと言うことでもなくて、大阪風に言えば「ぼちぼちいこか」的か。

 

<ただしいこと>はやめて<たのしいこと>だけ、しようと思う。

これは、田辺聖子さんの言葉。

この意味が分かるようになったのも、少しは大人になったからかもしれない。

 

夫の長い闘病生活中に苦しかった時も、田辺聖子さんの言葉に救われた。

いささかは、苦労しましたといいたいが 苦労が聞いたら怒りよるやろ

 

 

昔は3世代4世代同居が多かったので、おそらく小さいころから祖父母などの「死」を近くで経験する人が多かったはずである。一緒に暮らしていた人が居なくなるという経験をしている人間は、自然に「大人」になるのではないかと最近になって良く考える。核家族では祖父母が亡くなっても親戚の「死」であり、一緒に暮らしている人が居なくなるという感覚はわからない。だから、人生初めて一緒に暮らしている人を亡くすという経験は、現代人の場合、特殊な場合以外では生涯に1度くらいかもしれない。

 

恋やつれ 人生やつれを 重ねきて

生きすれゆけば 世も面白し 

田辺聖子さんの エッセイ本「あめんぼに夕立」の”生きすれる”で、手帳に書きつけた戯れ歌だと仰っている短歌。

田辺聖子さんは、「生前うんと優しくした人は、死なれても泣かない」と言ったことがあり、それは、<生きすれる>ってことではないかと述べている。

 

そうなのだ、私は優しくできなかったことが悔やまれて悔やまれて泣き続けていたのである。<ただしい>ことばかりにとらわれて、笑って過ごすことができなかった。

 

私はやっと「大人」の入り口に立ったところだろうか。

 

人生の意義は、まあ、いろいろあろうけれど、自分が何回、笑顔になったか、ヒトの笑顔をどれ程見たかで、充実感がはかられる、そんなところがある。「ほのかに白粉の匂い」田辺聖子著より

 

そして、こうも言っている。

「愛された記憶」は人を支える。

(私はこんなに愛されたのだ)という記憶が、のちに人を救う。

「星を撒く」田辺聖子著より

 

人を救うなんて憚れるが、そうしていける「大人」に近づけるようになりたいと、【今週のお題】をきっかけにしみじみ思うのだった。

 

 

女のおっさん箴言集 (PHP文庫)

女のおっさん箴言集 (PHP文庫)

 

 

 

あめんぼに夕立 楽老抄 2 (集英社文庫)

あめんぼに夕立 楽老抄 2 (集英社文庫)

  • 作者:田辺 聖子
  • 発売日: 2010/02/19
  • メディア: 文庫
 

 

 

 

 

星を撒く (角川文庫)

星を撒く (角川文庫)

 

 

 

 

バスの運転手さん、「大声を控えてください」とアナウンスをありがとう

f:id:lennon522:20210108095310j:plain

記事内容と写真は関係ありません

 

いよいよ一都三県に緊急事態宣言が発令された。

発令される前日に私は所用(面接)で、また大宮へ出かけていた。 

駅からバスに乗ってまもなく、40歳前後のサラリーマンが3人乗り込んできた。

え?中学生?

と思うくらいの元気さで、大きな声で冗談を言って笑ったり喋っている。

流行りかなんか知らんけど、黒い布マスクはしているけど。

 

私は人と接する機会が多くないときは布マスクを使っているが、電車に乗ったり怖いなと感じる場所では布より効果の高い不織布マスクを使っている。

とは言っても、近くに座っていた私はバスの中と言う逃げられない場所で、大声の会話や笑い声に”飛沫が飛ぶ!”と気になっていた。

 

これだけ感染者数が過去最多を毎日更新され、緊急事態宣言が発令されると言われているのに。

これが、感染者数が減らない現実だなと思い知る。

 

少しして

「大声はお控えください」

と、バスの運転手さんからのアナウンスが流れた。

 

救世主!

 

いい年をした、ビシッとしたスーツに身を包んだ大の大人に、感染予防として当たり前過ぎる、密の場所では大声を控えるなんてことを、誰が注意したいだろう。

 

運転手さん、きっと困っていただろうと思う。

注意しようかどうしようか。

 

 

正直言うと、その場で「運転手さん!ありがとう!」とお礼を言いたいくらい安堵した。

 

その後は会話をやめてくれたので心配なくたどり着くことができた。

バス停に着いて、「ありがとう。」といつものようにお礼を言って降りたけど、安心も運んでくれたヒーローに私はいつもより気持ちを込めて言葉にするくらいしかできなかった。

 

この問題を解決するのは、わかりやすいヒーローや勇者のような英雄的存在ではない。

全国の医療スタッフは当然として、わたしたちひとりひとりの草の根の民の努力が、こいつには1番効くのである。

ひょっとしたら気がついてないかもしれないけど、私達はみな1人のコロナウイルススレイヤーである。

医者の僕でも、コロナウイルスをナメていたが、間違っていた。 | Books&Apps

 

女一人、自立への道のり

f:id:lennon522:20210106165631p:plain

ベッカーズハンバーガ

昨日は大宮のハローワークに行ってきた。

帰りがお昼時になってしまったので一人ランチ。

大宮駅構内の改札近くにあるベッカーズ・大宮の「クリームチーズハニーマスタードのローストチキンサンドセット」690円也。

コーヒーもなみなみと入れてくれて、バンズが美味しかった。

 

我ながら、かなり自立できてきたなぁ・・なんて。

 

ハローワークは駅から距離があるので、徒歩かバスなんだけどバスはタイミングが悪いと15分待ちとか。なので徒歩で15~20分くらいを方向音痴の私は、スマホのナビが頼りで一生懸命だった。でも今は周囲を楽しむ余裕もできて、大宮駅周辺は少し明るくなって楽しくなってきた。

 

そういえば

30代の子に「大宮駅周辺はちょっと明るくなった。」と言ったら

「『明るい』って何?」って首を傾げられた。

これって、ジェネレーションギャップなのか。

 

 

慣れない土地での電車も少しずつ乗れるようになってきている。

大阪ではいつも夫と一緒だったので、私は付いていくだけだった。

つくづく、”可愛い子には旅をさせろ”って生前の夫に言ってあげたい。

 

ところで、昔は駅のホームにあった案内板?

駅の名前が大きくあって、その下に、→〇〇駅、←〇〇駅 というやつ。

 

f:id:lennon522:20210106175921p:plain

駅ホーム案内板

こんなん。

 

これが、この辺の駅にはどこにも見当たらない。

だから知らない土地では、右がどっち方面なのか、左がどっち方面なのか分からない。

階段近くに降りたいのでホームで並ぶ場所を決めたいのに、自分の行く方向が右なのか左なのか分からないのである。

電車が入ってきて初めて、「そっちから来たか・・」と。

乗る時間によって乗り場が違うのだよ。

乗り入れ路線は合計13路線で、乗り入れ路線数は東京駅に次いで全国2位だそう。

 

あの昔の案内板があれば親切なんだけどな。

電車に乗っているときも、「アレ?今どの辺?」と、止まった駅で駅名を確認したいのに駅名が探せないのはどうなっているんだか。

 

 

便利になっているはずだと思うのに、付いていけてない。

 

(追記)

大阪には昔の形とは違うけれど、案内板があるようです。

関東、不親切(泣)

【断捨離】ミニマリストには程遠い

去年は一人になったことと引っ越しが機になって、かなり思い切って物を処分した。

2tトラック何台分だろうというくらい。

何かにとりつかれたようになっていた。

 

Wiiスポーツ一式セット・ホームベーカリー・ホットプレート・パナソニックのスチーマー美顔器とか、家電類だけでもかなりの数が消えた。

Wiiは人に譲ったけど、あとはゴミの日に出せるものは、せっせと出した。

 

以前、紹介した本「家族を亡くしたあなたに―死別の悲しみを癒すアドバイスブック 」には、”大きな決断は一人でしないこと”とあったが遅かった。

お気に入りのコートとかスーツケースとか。

あの時は、綺麗にする必要も旅行に行くこともないと決めちゃったんだな。

 

今になって、「あーあ、アレ譲らなければよかったなぁ」なんて。

 

でも、ブログを巡っていたらミニマリストの記事に目が行き、また片づけたいスイッチが入ってしまった。

 

テレビを乗せるコーナーボードがマンションに合わなくて「そうだ、いらないじゃん」と気づいたら、「そういえば、DVDなんて何年も使ってないじゃん」てことにも気付いた。テレビにはDVDレコーダーがセットのような気がしてたけど、これも手放すことにした。ついでに他に探したら、脱衣所に置いていた小型の人感電気温風器もマンションは温かいから不要。

 

f:id:lennon522:20210105074454p:plain

ハードオフでリサイクルしてみた

 

 今回はちょっと賢くなって、リサイクルに出してみたのだ。

この額に、思わず、超ー!って言いたくなるくらい喜んでしまった。

 

という感じで、いかにもミニマリストを目指しているようですが。

実は年末に、自分へのご褒美に「頭皮エステ」なるものを購入してしまったのです。

 

f:id:lennon522:20210104205723p:plain

パナソニックの頭皮ケア

マッサージが気持ちよく、私に一番効果があったのは、朝起きた時の寝ぐせが全然違う。

美容室でときどきヘッドスパをしてもらっていたけれど、もうその必要はなくなった。

 

断捨離をしたいのに、物欲が消えない私にはまだまだミニマリストへの道は遠い。

 

 

パナソニック 頭皮エステ 皮脂洗浄タイプ シルバー EH-HM7A-S

パナソニック 頭皮エステ 皮脂洗浄タイプ シルバー EH-HM7A-S

  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

 

Fコードが押さえられなくて挫折したギターを10年ぶりに引っ張り出してみた

f:id:lennon522:20201229134403p:plain

ペニーレインの店内

4年前に夫と一緒に入った、パン屋さんのペニーレインで撮った写真。

BEATLES好きには堪らない店内で、ワクワクが止まらなかった。

この写真の右側、リッケンバッカーの隣に夫が写っている。

お店の人にもちゃんと許可をもらって写しました。

 

f:id:lennon522:20210101210337p:plain

ペニーレイン正面

 

ペニーレインはBEATLESファンでなくても、パンも美味しい。

ブルーベリーパンはTVチャンピョンで優勝したことがあって有名。

 

pennylane.company

 

 

ペニーレインの紹介ではなかった。

ギターのお話です。

 

f:id:lennon522:20201229134132p:plain

リッケンバッカーのキーホルダー

このキーホルダーは埼玉にあった「ジョン・レノンミュージアム」で購入したもの。

ジョン・レノンが使用していて有名なモデル。

 

BEATLESに影響を受けた夫は昔々バンドを組んでいた。

ジョンが使用していた憧れのリッケンバッカーは、アルバイト代では購入できず、「いつかリッケンバッカーを買うんだ」と言っていた。

 

 

10年ほど前に突然、ギターを弾いてみたくなった私は夫に付いて行ってもらい購入。

f:id:lennon522:20210101213447p:plain

アコースティックギター

私でも手に届くお手頃の、このエピフォンのギターを気に入ったら、「ええなぁ、ジョンもポールもエピフォンは使っていたことがあるんや。」と 。

その一言で即決。

 

 

musique2013.hatenablog.com

 

 

 

それなのに、それなのに

何としてもFコードが押さえられなくて挫折してしまった。

こんな↓サイトをみつけた。

 

guitarsele.com

 

 

今年は何かを始めてみようと思っている。

引っ張り出してみたけれど、もう聴かせる人もいないギターは眺めるだけかな。

 

それより先に、真面目に就活しなければ。

 

激動の2020年、ブログを続けられた理由

私自身は、最愛のパートナーを亡くして人生で最も苦しんだ1年となった。

コロナへの恐怖と自粛がひどい時期に亡くなってしまったため、彼に大切な人たちを会わせることもお葬式に来てもらうことさえ叶わなかった。

 

でも、今年は新型コロナウイルスと言う脅威に全世界が震撼して日本中、世界中に、もっともっと悲しい思いをした人がいるんだと思う。

 

 

自分をどうやって保ったらいいのか苦しんで、ブログも何度もやめようと考えた。

そんな引き籠って誰とも会いたくない中、活字だけは唯一目に入ってきていた。

 

 

人気ブロガーのフミコフミオさんのプレジデントオンラインへの寄稿「ブログで人生を変えるために必要なたった一つのルール」を読んで、一度目の壁を乗り越えることができた。

revivel.hatenablog.jp

 

 

 

つい最近では、はてなブログproから無料版へ移行するときにも、フェイドアウトという思いがよぎった。

 

今度は、私を気にかけてくれるブログで繋がったお友達のことが忘れられない。

 

そして2日前、こうしたヨタヨタのブログに初めて緑色のを付けていただいた。

それも繋がりの繫がりから来ていただいたブロガーさん。

 

 

とどめが昨日。

人気ブロガーのフミコフミオさんがスターを付けてくれたのである。

 

凄くない?

読者登録者が1万人以上もいて、プレジデントオンラインなどに寄稿されていたり、本まで出しているお方がこんな辺境blogにまで来てくれてスターを付けて、読者登録のお返しまでしてくれるって。

秘書さまがいるのかしらん。

 

いえ、きっとそういう一人一人の読者を大切にするお人柄が、人気ブロガーさん所以なんだろうな。

 

はてなブログを始めてすぐの頃、どんな記事が読まれているのだろうと「はてなで話題のエントリー」を覗いてみた。

 

約1年前になるが今でも覚えている。

目に留まった記事がフミコフミオさんの次の記事。

delete-all.hatenablog.com

 

で、読者登録をした。

確か、その日のうちにお返しの読者登録をしてくれたと覚えている。

その時も「えー!律儀だなぁ」と驚いた。

 

今回、自己都合で”はてなブログ”のURLが変更になり、IDも変わったため最初からやり直し。(読者登録も引き継げるのか?その辺がわからない)

 

で、また読者登録をさせてもらった。

 

当然、一方的な登録で私は満足。

 

そうしたら、読者登録をしてくれた上に、私がフミコフミオさんについて少しだけ触れている記事をみつけて☆☆☆をつけてくれているではないか。

 

revivel.hatenablog.jp

 

優しいですねぇ。

 

フミコフミオさんは2007年から続けていらっしゃるので丸13年?

私は読破してしまっているので、悲しみを乗り越えていることも知っている。

delete-all.hatenablog.com

 

 

こうして励みになることがあって、目に見えない繫がりが大きく、「やめたくない」という小さな気持ちが消えなかったのだと思う。

 

はてなブログで出会えた皆さまに、心から感謝です。

 

明るい2021年が訪れますように。

 

 

※追記

な、な、なんと、

フミコフミオさんがこの記事にもスターを付けてくれましたです。

嬉しさを抑えるのが大変です。